妊娠前に身体を整えることの必要性

今日は、妊娠前に身体を整えておくことの必要性についてお伝えしようと思いま

す。少しでも安産を目指したいということは、最後までぜひ読んでくださいね。

産後のトラブルと原因

妊娠・出産経験のある方であれば、

「あーわかる!」

と、共感していただけるかもしれませんが、

妊娠中や産後のトラブルとして、

つわり、便秘、尿もれ、骨盤痛、腰痛などが挙げられます。

実はこれらの原因は、妊娠に伴うホルモンの影響や

妊娠、出産に伴う骨盤底筋の機能低下や損傷

だけではないことが多いのです。

意外かもしれませんが、運動習慣があるかどうかが

結構重要だったりします。

妊娠前にできること

そこで、

「安産を目指したい」

と思っている方は、ぜひ次のことを意識してみてください。

生理の状態

皆さんは生理痛はありますか?

また、生理前症候群(PMS)はありますか?

PMSとは、生理前になると感情の起伏が激しくなる、

頭痛がある、などです。

生理痛やPMSの原因は様々ですが、遺伝はありません。

ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、など様々です。

夜勤続きのお仕事、夜更かしが日常茶飯事、

コンビニ弁当、ジャンクフードが常食など

妊娠してから改善すれば、、、では遅すぎます!!

生活改善によって変化が現れやすいのが、

生理です。

今の生理の状態を把握して、

自分の生活を見直してみましょう。

運動習慣の定着

また、妊娠してから安定期に入るまでは激しい運動はできません。

妊娠、出産は体力と筋力が必要です。

普段身体を動かしていない人は、妊娠するまでに運動を習慣化して

基礎的な体力、筋力を蓄えておいてください。

妊娠前に運動を習慣的にしていた人と

していなかった人では、産後のトラブルにも

差があるという研究結果もあるようです。

まとめ

以上、今回は妊娠前に身体のケアをすることの重要性についてまとめました。

これ以外にも、妊娠する予定あるなしにかかわらず、

基礎的な体力、筋力はどんなライフステージの方にも必要です。

\初回割引クーポン配信中/

なんでも良いので、身体を動かす習慣を日頃からつけていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA