産後、骨盤ベルトはつけないといけないのか。

こんにちは。KIRARI代表 清水麻衣です。

産後ママの悩みの一つは

早く体型を戻したい」「骨盤がグラグラする感じがする」「骨盤の歪みが気になる

ではないでしょうか。

骨盤矯正に通って、骨盤ベルトでしっかりと締めないと妊娠前の体型には戻れない、と思っていませんか?

いや、思わされていませんか?笑

私自身、二人の子を妊娠出産しましたが、骨盤矯正に通ったわけでも、骨盤ベルトで骨盤を締め続けていたわけではありませんが、

妊娠前の体型にはきちんと戻りました。(過去形です。今は、ご飯とお酒が美味しいのと運動不足で史上最大に太っています😣)

それは専門家だからでしょ!!!

確かにそうかもしれません。でも、専門的な知識や技術を使って、元に戻したわけではありません。

普段の生活でやってはいけない動作に気をつけて、散歩などの軽い運動しただけです。

すこし話はそれますが、

腰痛持ちの方は腰にコルセットを巻くと少し楽に動けませんか?

コルセットは、腹筋と背筋のサポートをしてくれています。

あくまでサポートなので、コルセットを外せば元通りだし、コルセットをつけ続ければ筋肉は弱っていきます。

産後の骨盤ベルトと言われるものは、その名の通り、骨盤をサポートしてくれています。

これもあくまでサポートなので、本来骨盤を支えている骨盤底筋群やその周辺の筋肉が元に戻らない限り

骨盤のグラグラ感が減らなかったり、お尻周りがボテっとした感じが無くなりません。

私も出産直後は骨盤を固定するために、骨盤ベルト(実際はさらし)を巻きました。

出産直後は骨盤底筋群を支える支柱となる骨盤が不安定なため、固定することで歩きやすくなったり、

骨盤底筋への負担を軽減することができます。

女性には産後約半年から1年かけて、開いていた骨盤や上に押し上げられていた内臓が

元に戻っていくプログラムが備わっています。だから敢えて外から手を加える必要は無いとも言えます。

そう、無いとも言えます。。。ありません!と言いきりませんでした。

なぜなら、全く何も考えずに普段通りの生活をしていると、こんなはずでは😢な結果になることもあります。

実は、その元に戻すプログラムを何気ない日常動作で阻害していることがよくあるのです💦。

言い換えれば、その日常生活で体を戻そうとしているのを阻害しないような動作をしていれば、

ある程度は綺麗に元に戻るはずなんです。

だけど、慣れない抱っこや授乳、普段からの座り方や立ち方、お腹が大きかった状態を記憶している脳、

なかなか知識のない状態ではどうすればいいか分かりませんよね?

まずは、骨盤ベルトどれ買おうかな?どこの接骨院に行こうかな?と調べる前に、

今のご自身の状態を把握して、身体に負担のない動き方を学んでみませんか?

授乳中はホルモンの影響で骨盤は妊娠中のような状態には戻りにくいです。

卒乳とともに、身体は一気に元に戻ろうとします。

その時にきちんと綺麗に戻ってくれるように、あわよくば妊娠前よりいい状態になるように

KIRARIでは骨盤調整の施術も行っています。

その時だけのサイズ変化を目指すのではなく、長い目で見て少しずつ身体を整えていくことが大切です。

だって、十月十日かけてゆっくりと赤ちゃんを産むための準備をしてきたんですから。

戻るのにも時間がかかるのは当たり前です。

芸能人が出産後すぐに産後とは思えない体型で公の場に出てくるのを見ると、あれが普通なんだ、

と、思えるかもしれませんが、妊娠前からスタイル維持のために弛まぬ努力をしてきて、

産後もストイックに時間とお金をかけてトレーニングしている結果ではないでしょうか。

私たちでは到底かなわない努力をしていると思います。

かわいい我が子を命懸けで産んだ後に、体型が戻らない、尿もれがある、骨盤が痛い、とママの笑顔が消えないように。

私の抱っこの仕方、大丈夫かな?、骨盤ベルト試してみたいななど気になる方は、KIRARIにご相談ください。

LINE公式アカウントに登録していただくと割引クーポンプレゼントしております。

ぜひご利用ください(^ ^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA