私が使用した抱っこ紐の紹介

こんにちは。KIRARIの清水麻衣です。

今日は、私がこれまでに使用した抱っこ紐をご紹介したいと思います。

① リング式スリング 

これは、1人目を出産して数ヶ月経ってから、助産師の方に紹介してもらったのですが、本当に最高でした。

うちの長女、昼寝は抱っこかチャイルドシートでしかしませんでした。眠たくなったら愚図るので寝るまで抱っこ、

寝てからも抱っこしたまま起きるまでそのまま。夜も1時間おきに起きてくるような、ネンネが下手な子でした。

私自身疲弊しまくっていた時に出会った抱っこ紐だったのですが、スリングに入れたまま家事してたらそのまま寝てくれるし、

寝てても簡単な家事ならできます。そのままソファに腰掛けて私が寝てしまっても、スリングの中で娘も寝てるので落ちる心配は

ありません。

完全に寝てしまえば、そのままお布団に寝かせることも可能ですし、外出先でもスリングに入れたまま授乳ができるし、膝掛けにもなるし、

少し大きくなればチェアベルト代わりにもなります。一石何長なんだってくらいに最高な抱っこ紐です。

何人かのお客様のお子様をスリングに入れて抱っこしたことがありますが、大体そのまま寝ます笑。赤ちゃんにとっても心地の良い抱っこ紐なんです。

1人目の後半と2人目はほぼスリングで赤ちゃん期を過ごしました。

②兵児帯(へこおび)

これは、一枚の長い布で抱っこもおんぶもできます。巻き方も色々ありますし、次女は兵児帯のおんぶが大好きで、

2歳ぐらいまで私がキッチンでご飯を作っていると兵児帯をゾロゾロと引きづりながら「おんぶ」とお願いしてきました。

スリングと違い、兵児帯での抱っこは両肩で重みを支えるので、体への負担がスリングよりも軽いです。

ですが、兵児帯は長いので、巻く時には布の端が地面につきます。

なので、外出時には私はあまり使わずに、ほぼ家の中でのおんぶの時に使用していました。

この二つの抱っこ紐、みなさんはご存知でしたか?リング式のスリングは以前よりも見かけるようになりましたが、

兵児帯やベビーラップといった布だけで抱っこやおんぶをしている人はあまり見かけませんね。

ママの多くは1つは持っていると思われるエ○ゴとこのスリングや兵児帯は一体何が違うのか。少しだけ解説しますね。

まずは、ママにとってのメリット

 ・洗濯しても乾きやすい

 ・赤ちゃんとの距離が近く、身体が密着していて癒される笑

 ・赤ちゃんと密着でき、身体への負担が少ない。

 ・持ってる人が少ないから目立てる笑

次に、赤ちゃんにとってのメリット

 ・布が柔らかいので、背中の部分が丸くなりやすく、居心地が良い。

 ・ママとの距離が近く、赤ちゃん嬉しい笑。

 ・キャリータイプほどしっかりとした作りではなく、不安定だからこそ赤ちゃんが自らの力だママにしがみつこうとし、

  体幹機能が向上する。→座る、ハイハイ、歩くなど全ての動作につながってくる。

皆さんは何を基準に抱っこ紐を選びましたか?みんなが持ってるから?

抱っこ紐=「赤ちゃんの運搬道具」、と思っていませんか?見た目の可愛さなどが基準となって、

抱っこされているときの赤ちゃんの姿勢や居心地のことまで考えていますか?

長時間窮屈な場所に入れられて、毎日変化し続けている赤ちゃんに影響はないでしょうか?

毎日短時間しか使用しないのであれば、そこまで配慮しなくても良いかもしれません。

だけど、ショッピングセンターや道端で歩いてるママと赤ちゃんを見てると、「ママ腰痛いだろうなー」や「赤ちゃんしんどくないかな?」

と思わざるを得ない抱っこ紐の使い方をしているママがたくさんいます。

例えば、私がオススメしている布タイプを赤ちゃんのために、と買ったとしても使い方を間違えれば、非常に危険です。

何を買うか、の前に

 ・どれくらいの時間連続で使用するか

 ・使用するには主に屋内か屋外か

 ・おんぶもできた方がいいか

 ・パパと兼用か

など、購入する際の使用用途を考えて、ママと赤ちゃんにとってベストな抱っこ紐を買って欲しいと思います。

そして購入したものは正しく使用して欲しいと思います。

布タイプはショッピングセンターなどで売っていないし、そもそも情報がないですよね。

この投稿を見て気になった方は、KIRARIには兵児帯もスリングもありますので、一度試着してみてください。

また、今の抱っこ紐の使い方があってるのかどうかも気になる方は、調整も行いますのでお声がけください。

お友達同士で抱っこ講座聞きたいなどあればお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA