花粉が飛ぶ前に花粉症対策を

花粉症、その他のアレルギー症状に共通することは、

症状が出てしまった時に対策しても遅いということ。

その症状が出る前に対策することが大事です。

これを読んでいるのが、既に花粉シーズンだとしたら、

今シーズンはお薬に頼りつつ、

少しでも症状を軽くする方法を実践してみましょう。

花粉症はどうして起こる?

花粉症とは、花粉が体内に入ってきた時に、

咳や鼻水、くしゃみ、皮膚症状などが現れること。

体内に異物が入ってきた時には、免疫システムによって

駆除したり、外に出そうとしますが、

それらのシステムが正常に機能していない場合、

あるいは花粉などに過剰に反応するようなシステムに

偏っている場合に症状が出現します。

つまり、免疫機能が大きく関わっているのです。

症状を悪化させるもの

ストレス

免疫システムの司令塔であるT細胞を産生する

胸腺はストレスの影響を多く受けます。

ストレスが多いとT細胞がうまく機能せず

アレルギー反応が起こりやすくなります。

自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経が優位になりすぎると、

・呼吸数が上がる

 (多くの花粉を取り込みやすくなる)

・皮膚、鼻などの粘膜の粘液が減る

 (花粉が免疫システムに認識される前に外に出せない)

などが起きやすくなります。

私の自律神経は整ってるのか、の確認方法は、

☑︎眠りが浅い

☑︎疲れやすい

などの人は乱れているかもしれません。。

予防方法

ストレスを緩和する

何にストレスを感じていますか?

それは、あなたの問題ですか?

他人の問題まであなたの問題として捉えていませんか?

ストレスに対して一度向き合ってみましょう。

自律神経を整える

まずは深呼吸をしましょう。

自分がホッとできる時間はありますか?

頑張りすぎていませんか?

女性は自分を犠牲にして他人を優先しがちです。

自分を大切にする時間を作りましょう♡

免疫システムを阻害する生活を見直す

平熱は36.5度以上にしましょう。

腸が荒れると花粉を含めたアレルギーの元となる物質が

身体に入りたい放題になります。

添加物や小麦製品の摂りすぎには要注意です。

それでも症状が出てしまったらどうする?

症状が出る=炎症反応が起きている

という状況です。

そんな時に、自然治癒力なんて言っても

既に免疫反応が暴走してしまっているので、

いつまで経っても症状は収まりません。

そんな時こそ、お薬に頼りましょう。

基本的にすぐにお薬に頼ることを

推奨はしていませんが、この場合は別です!!

お薬を使用しながら、体を整えていきましょう。

整体で花粉症は良くなる?

KIRARIの整体は、

内臓を調整して、自律神経を調える整体法です。

KIRARIの整体と並行して、

身体に取り込むものを意識して準備しましょう。

やるなら花粉のピークの2、3ヶ月前がベスト!!

今でしょ笑

まとめ

ちょっと難しくなりすぎてしまいましたね笑

ここがわからない、とかがありましたら

気軽にコメント残してくれると私も伝え方の勉強になります!

また、個別でアレルギーの講座などもできますので、

こちらもお気軽にお問い合わせください☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

\初回割引クーポン配信中/

Follow me!

前の記事

2023年のご挨拶