産後に体型が戻らない(T ^ T)

こんにちは。KIRARIです。

タイトルの通り、産後に体型が戻らない!っとお悩みの女性多いでしょう。

もしくは太りやすくなった、痩せにくくなった、お腹に肉がつきやすくなった、など体型の悩みは尽きませんね。

この体型戻らない問題については、ある程度カテゴリー分けしてお話しした方が良いので、

  1. 産後すぐの方
  2. 産後1年以上の方

に分けてお話しさせていただきます。

まずは、産後すぐの方。

出産するまでに10カ月以上変化をし続けてきた身体が、出産によって一気に元通りの身体に戻ることは無理です。

ママの身体は、ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻ろうとしています。

ここで焦って無理に運動をしたり、骨盤ベルトや矯正下着で身体を締め付けることは、身体の戻ろうとする流れに逆らうことになり、

オススメできません。

どうか焦らず、身体を戻しましょう。

まずは、規則正しい生活をすること、リラックスして過ごすことを意識しましょう。

産後すぐから取り組める運動としては、仰向けに寝て、両膝をたてて、ゆっくりと腹式呼吸することがオススメです。

呼吸によって、副交感神経が優位になりリラックスしやすくなりますし、負担をかけずに腹筋や骨盤底筋群を動かすことができます。

それから、身体に負担をかけない姿勢、動作を意識しましょう。これが意外に難しい😅。癖になってしまっているならなおさらです。

気をつけるポイントは以下の通りです。

  • 椅子などの背もたれにもたれすぎない。
  • 床から立ち上がる時などは片膝を立てたてから立ち上がるようにする。
  • ベッドや布団から起き上がる時には、一度横を向いてから肘をつき起き上がる。腹筋を使って勢いで起きない。

まずは、ここから初めてみましょう。

次に産後1年以上の方。

まずは、産後すぐの方に向けて書いた腹式呼吸と注意点を実行しましょう。

それから、自分の立った姿勢をまず横から写真で撮ってみましょう。私のところに来てくださる方には写真を撮って一緒に今の現状を

客観的に確認していただくようにしています。皆さん、「え?!」と驚かれます。

自分では姿勢よくまっすぐ立ってるつもりですが、大半の方が踵の方に体重がのっていて、背中が反っています。

この姿勢、背筋やお尻の筋肉、ふくらはぎなど身体の後ろ側で頑張って姿勢を保持しているんです。

夕方になると、腰が重だるいな〜と感じる方のほとんどはこの姿勢で作業をしていることがほとんどです。

で、それが体型が戻らないこととどんな関係があるのか、と言いますと

腹筋や股関節の前面の筋肉をほとんど使っていないのです。だからいつまで経ってもお腹が凹まない、につながるのです。

他にも要因はありますが、今の私の文章力ではこれぐらいが限界です笑

まずは、自分を写真で撮って、見てみてください。そして、立ったとき少し前に倒れそうだなと感じるくらいに体重を前に移動してみてください。

そこでもう一度写真を撮ると、結構いい姿勢で立っています。

赤ちゃんがお腹にいた時の姿勢を、身体と脳がずっと記憶していて、いつまでもお腹に重りがあるような姿勢をとり続けていたので、

最初は違和感を感じるでしょうが、お皿を洗う時、歯を磨く時などに少し立ち姿勢を意識してみましょう。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと清水何言ってるか分からない😩、という方は一度どのコースでも良いのでご予約ください。

気をつける姿勢や動作を実際に指導させていただきます。

今の姿勢と意識することで変わる姿勢の変化を一緒に体感しましょう。

一度理解すれば、あとはご自分で日々の生活で意識するだけです。

そうやってまずは、身体を整える土台をしっかりと作った上で運動などを行えば、その効果は倍増です!!

体重や外見だけにとらわれず、美しい姿勢、動作ができる土台づくりを目指しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA