身体の中に巡らすもの

「健康のために何から取り入れたらいいですか?」

という質問をいただくことがあります。

そんな時に私がお伝えすることについてのお話しです。

まず大切なこと

排泄できる身体を作ること

これは本当に大切で、

どれだけ身体のために良い、と言われるものを

入れたとしても、出せないと意味がありません。

そして、良いものを吸収できる身体でないと

意味がありません。

よく、入れるもの(食べ物)から入れようとされますが、

もちろんそれも大事だけど、

出せないとそれが体内で溜まればいくら良いものでも

身体の中で毒に代わってしまいます。

良いものを吸収できたら残りのカス(便)がきちんと出せる、

それが大事。

それが出来るようになったら、もしくは

それと並行して意識したいのは、

水!!

体重の60%が水と言われています。

その水がどんな水かによって

身体の中の状態がかわってきます。

「日本の水道水は安全」

という神話がありますが、

少しずつその神話が壊されつつあります。

水が通る水道管が汚かったり、

水を消毒するためのさまざまな処理の段階で

含まれる薬品。

人体には影響がないとは言われますが、

その基準、世界と比較してどうなのでしょうか?

ご自身の周りにある水、

その質に目を向けてみませんか?

KIRARIでは、出せる身体になるための、

腸整体もあります。

生活習慣、身体の状態、

腸とそれにかかわる臓器をしっかり評価して

出せる身体に導きます。

一度試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

\初回割引クーポン配信中/

Follow me!